おすすめ投稿

ロデオピンキーデビルワンデーの直径と画像は?

ロデオピンキーデビルといえば、従来の1年使用タイプが人気でした。
DIA14.5mmの1年使用と、DIA14.7mmの1年使用のウルトラビッグ。
デザインはほぼ同じだけど、DIAとかがちょっと違うってことで。

これはGLAMカラコン初だったと思うけど、ロデオシリーズからワンデーが出たんですよね。

タルトも人気だけど、やっぱりピンキーデビルからでしたね。

もう1度まとめておきますが、まずスペックから。
ロデオワンデーはブラウン1色です。

レンズ直径は14.5mmで着色直径は14.1mmです。
どちらもレンズを潰さない状態での数値です。

ロデオピンキーデビルワンデー

ロデオピンキーデビルワンデーの装着画像です。


たぶん装着画像を見ても従来の1年使用とデザインの違いは分からないと思うけど、実際はちょっと違うみたい。
でも気づかないくらいなんで関係ないけどね。

そして、値段が安いんです。10枚入りで1,000円(税抜)ですから。
これがいかに安いかは他の韓国カラコンと比べるとわかると思うよ。

ここでもう少しワンデーカラコンのことに触れておきます。時間が許す限りではですけどね。
私はワンデーが好きだから特に嬉しかった今回のピンキーデビルなんですが、お金のことだけを考えて、毎日つける人を想定すると、やはり1年使用のほうが好まれる傾向にあると思われます。
1日あたりのコストを計算すると顕著にあらわれることでしょう。
例えばロデオピンキーデビルワンデーを今日の価格で考えて見ます。
両目で2枚使いますから、1箱で5日使える計算になります。
仮にまとめ買いして送料無料になったとしても、1日あたり200円に消費税がかかることにありますよね。
たまにだからいいんですけど、これ週5でつけたらいくらになりますか。
ざっとみてもつきに4,000円くらいかかりますよね。
これを1ヶ月使用とか半年使用のと比べると一目瞭然でしょう。
だから、頻度の低い人向けなのがワンデーだと思うんです。

だけど、毎日カラコンはつけるけど飽き性だという人もワンデーは向いてると思いますよ。費用はかさみますがね。

細かいことは後日少しずつ更新してまいりたいと思います。

今日はロデオの違うシリーズと比べてみよう

ロデオといえばピンキーデビルはワンデーも出てますし人気はありますよね。
でも他のもいいのあるし、新しいヴォヤージュシリーズも特徴があっていいです。
タルトはどうでしょう。
14.5mmのタルトと14.0mmのタルトミニがありますね。
デザインもロデオの中でも一番シンプルだからミニのほうだとばれないくらいかも。
そうなると、glamのナチュラル系のクチュールと比べてどうかも考えたいかな。

ファビーやジェリービーンズもありますが、なかなかの派手さですね。
派手なカラコンってたまにはいいんですが、毎日となると飽きてきそうな気がして。
目がなれるというかね。

ピンキーデビルにしても、私みたいなタイプはワンデーにしておいたほうがいいかもしれません。
お手入れが嫌になってきたらどうしようもないですもんね。

最近どうも体調がよくなく気分も優れません。どうにか方向転換できないものか考えてるんですが、なかなかそう簡単には変えれません。
まあプライベートなことなんで書かないですけど。
場合によってはオシャレがどうこう言ってる余裕がなくなるかもしれません。

ロデオような派手なデザインはワンデーから知りたいことあり

通販で買い物する場合、どこまで慎重になるかは個人差があるでしょう。
ちょっと気に入ったら思い切って注文しています人もいるでしょうし、慎重になって口コミを参考に見続けて、どうにか納得できたら買う人もいるでしょう。
性格なんでしょうね。
私は結構ものによったりします。
当然高いもののほうが決断するまでに時間はかかりますが、安いものでもなかなか買わないこともあります。
カラコンなんかは後者になるかな。
なぜかというと、満足できないものはゴミになる可能性があるからです。
我慢して着けるのはいやなので、何とか失敗しないように買いたいといつも思ってます。
うまくいくかどうかは分かりませんけど。
なので、注意するべき点となると、やはり長期使用のほうが気をつけたいと思います。
だって、ロデオピンキーデビルのように1年使用タイプだと、合わなかったりしたら、勿体無い気持ちがすごく膨れてしまいますから。
ワンデーでももちろん勿体ないですよ。
でも未開封なら結構もちますから、保管しておくという手も考えられますからね。
ロデオカラコンワンデーもそうですが、ここぞという時用に保管してもいいですし、普段からつけるでもいいですし。やっぱり使い勝手がいいからワンデーは好きです。
どっちも使いたいです。